お問い合わせ

保存会の活動

昭和47年、田儀地区伝統の花馬神事が数年間途絶えた事に鑑み、有志13名の先輩方の熱意で保存会を結成し、現在に至る。

保存会は地域の住民と密着し、若者の未来を託し、希望者は誰でも入会できる。

毎年、多伎藝神社の祭礼日である10月19日に合わせ、約1ヶ月間の準備期間を設けて花馬を作成し、田儀町部から神社までの工程約10kmを練り歩く。

最近は花馬の魅力にひかれ、そして地域の和の一員にと希望する若者が多く入会し、今では105名の大所帯となっており、保存会の未来は明るい。

また、NHKテレビで全国放映、山陰中央テレビ、山陰放送テレビ、出雲ケーブルテレビ、各社新聞社からも取材を受け、話題性の高い行事となりつつある。

ページのトップへ戻る