お問い合わせ

花馬の由来

 多伎藝(たきき)神社蔵の古書によれば、延宝2年(1674)元文5年(1740)明治8年(1771)の記録に、当時は「作り花」としてあり、「花馬」の名前は出て来ない。

 「作り花」と「花馬」が同じものであるのか、あるいは違うのか、はっきりわからないが、実際には「作り花」(「花馬」?)が神社祭礼の際、田儀の各地から繰り出されたようである。

 これは現在のような大きなものではなく、長さ3メートル位の竹を十数本に割り、傘のように折り曲げて、それに菊や桜の折り花をつけたものであった……という。

 このように古く(延宝年間)から「作り花」があったところへ、宮本地区で桜井家が繁栄する頃、金屋子神社(かなやごじんじゃ)の祭り花は大型なもので、多伎藝神社の祭りにも奉納されていたようである。

 後に町部の※頭屋(とうや)が毎年交代で祭礼のお世話をする事になった。

 10月1日当番の家主が祭主となり、神主は白幣を祭主の家に飾り、庭には榊を立て七五三縄(しめなわ)を飾り、村内の安全と五穀豊穣を祈った。

 そして、祭礼の際には、その白幣を花馬の真にして神事花として奉納したとも言われている。

 当時は道も狭く、先導するものは道端の木の枝などを一つ一つ切りながら、時間をかけて神社に向かったようで、時には川の中を担いだものといわれている。

 昔は宮ノ下で一休みし、神社からの迎えを待っていた。

 神社は白幣が上がらぬと神事ができなかった。

 したがって、神社は酒き肴を用意して出迎えにいき、白幣が上がると神事が執り行われることから、一説では神事花とも言われる所以である。

 現在は頭屋の家主が、白幣を直接車で奉納している。

 ※頭屋:その昔、産土神多伎吉姫(うぶすなのかみたききひめ)が大国主命の命により、田儀浦に上陸の由来にちなむ、湊浜屋敷(みなとはまやしき)の25屋敷が祭礼等の主宰者となる家が決められている

ページのトップへ戻る